登山サプリメント活用術TOP > 

膝の痛みを和らげるグルコサミン

登山は登りも下りも膝に負担をかけるスポーツです。登山途中で膝が痛くなり動けない。山の自然環境の中、おんぶしてもらって登頂を目指すことはできません。

膝の痛みの主な原因は”加齢”です。人は体重を体全体のバランスで支えています。加齢と共に筋肉量や骨量が徐々に落ちてくる中で、体重が減少していかないため負担が足の関節部分にかかり軟骨が損傷して炎症を起こしてしまいます。これが関節痛です。

関節痛をよくするためには、軟骨の成分を補うことで損傷を防ぐことが必要です。

グルコサミンには損傷した軟骨を修復する働きがあることから、積極的に摂取したい成分と言えます

また現在、関節痛ではない方がグルコサミンを摂取した場合においても、関節痛を予防する効果がありますので登山には有効な成分と言えます。

一緒に摂取すると効果的な成分

主成分を手助けする脇役!コンドロイチン

コンドロイチンは体の中では軟骨や皮膚中などに集中して存在し、骨の形成を助けたり、キズを早く治るようにする成分です。

軟骨の主成分!コラーゲン

軟骨の中の2割を占めるコラーゲン。年齢と共に減少していくコラーゲンを摂取することで素早く痛みを緩和していくパワーがあります。

健康パワー! 毎日飲んで登山に備える

グルコサミン・ダイエットサプリメント 膝の痛み対策

登山サプリメント(中高年用)登山中に必要な栄養素

栄養のバランス 知りたい!サプリ学!