登山サプリメント活用術TOP > 

下山時の汗・体力消耗対策は定期的休憩を

下山は登りに比べると体力を使わないため、休憩せずにどんどん下ってしまう可能性があります。しかし、実際は体力を消耗し、足腰には十分披露が溜まっているはずです。意識的に休憩を取り、失われたエネルギーや汗で失われた塩分を補給しましょう。


登山サプリメントガイド_登山下山中

下山中は意識的にエネルギーと塩分補給

山頂という目標を終えて下山は最後の力を振り絞って下るという考えは危険です。意識的にしっかりと休息を取ってエネルギー補給を欠かさないようにします。山はいつどのようなことがあるかわかりません。

同時に水分だけではなく、塩分の補給も心がけましょう。汗をしっとりとかいただけでも実際は多くの汗をかき、体内から塩分が失われ体調が悪くなる恐れがあります。

エネルギー補給と塩分補給

炭水化物(瞬間エネルギーチャージ)

ワンセコンドCCD
ワンセコンドCCD
クエン酸、ナトリウム、カリウム、ビタミンCを配合したゼリードリンク。すばやくエネルギーを補給できます。

塩分(熱中症対策)

クエン酸&グルタミン
クエン酸&グルタミンは汗に近い塩分濃度を持つ特徴がある。水に溶かして飲むハイポトニック飲料。

しっかりとしたいい体調で下山を心がけましょう。

次は→登山帰宅後はアミノ酸補給で疲労回復

健康パワー! 毎日飲んで登山に備える

グルコサミン・ダイエットサプリメント 膝の痛み対策

登山サプリメント(中高年用)登山中に必要な栄養素

栄養のバランス 知りたい!サプリ学!