登山サプリメント活用術TOP > 

ダイエットサプリで膝への負担を減らす

人が走ったり、駆け足をしたりすると膝に負担がかかります。一般的にはマラソンをするとき1歩が片足にかける負担は体重の3倍と言われています。また、階段の上り下りでは体重の6倍の負担と言われています。登山では階段の上り下りに匹敵する運動を数時間連続で続けますので、大きな負担が膝にかかることがわかります。年齢を重ねて膝まわりが弱くなってくると、膝は悲鳴をあげてしまいます。

「登山をしたいから痩せたいのに、運動をすると膝が痛くて動けない。」このサイクルにはまってしまうと抜け出せなくなってしまいます。ストレッチのみをずっと続けていては登山できないまま時間は過ぎていってしまいます。

NHKの人気番組「ためしてガッテン」など、多くの番組でレコーディングダイエットや食事療法のダイエットが取り上げられています。しっかりとした栄養バランスを考えた食事を心がけていれば問題ありませんが、栄養がキチンを摂取できていない場合は膝の痛みは消えません。良質なタンパク質を摂取する必要があります。
また、極度のダイエットは体に負担をかけるため良くありません。

中高年にお勧めできるダイエットサプリメント

膝が痛いときの対処法としてグルコサミンなどを摂取する方法もありますが、体重を減らすことで膝にかかる負担を減らす方法もあります。

しかし、ダイエットサプリメントの多くは若い人用のものが多く、”3ヶ月で痩せる”や”美しく痩せる”などの文字が並び、中高年の方が飲み続けるには無理のあるものばかりです。健康的に痩せるよりも見た目重視のダイエット商品が多いのが現状です。

その中でサントリーが販売しているdiet's BB(ダイエッツ ビービー)は当サイトがお勧めできる年齢を重ねても飲むことができるダイエットサプリメントです。

健康パワー! 毎日飲んで登山に備える

グルコサミン・ダイエットサプリメント 膝の痛み対策

登山サプリメント(中高年用)登山中に必要な栄養素

栄養のバランス 知りたい!サプリ学!