登山サプリメント活用術TOP > 

登山ロッジ宿泊はクエン酸で乳酸対策

登山をして疲れがたまった15:00頃。ようやくロッジや小屋に到着です。疲れた筋肉をそのままにしておくと筋肉痛になってしまいます。
筋肉の働きを低下させる乳酸にはクエン酸がお勧めです。また、その筋肉を回復させるアミノ酸の補給も大切です


登山サプリメントガイド_登山宿泊中

乳酸対策で翌日に疲れを残さない

筋肉の働きを低下させる乳酸ですが酷くなれば筋肉痛になり翌日登頂ができなくなるかもしれません。筋肉痛の原因は筋肉の中にあるエネルギー源が登山により足を動かしたことで消費され、老廃物である乳酸が筋肉内に残ることで起こります。

クエン酸は体中のエネルギーを作ってくれる重要な栄養素です。クエン酸を摂取することで、筋肉痛の原因となる乳酸をもエネルギーの元として使用するため、筋肉痛になりにくくなります。

スポーツ選手が運動後にクエン酸を摂取している理由はここにあります。

また、アミノ酸の中でもグルタミンも一緒に摂取しておくことをお勧めします。グルタミンは登山によってダメージを受けた筋肉を回復してくれる役割をします。クエン酸同様に筋肉痛を抑えてくれます。
グルタミンは摂取した直後から効果が出ますので、ロッジや小屋に着いたらすぐに摂取すると効果が大きいです。

グルタミンには筋肉痛抑制とは別に胃腸の調子を整えるなどの体調維持にも効果があります。

乳酸対策

クエン酸&BCAA(筋肉疲労抑制・疲労回復)

クエン酸&BCAA
クエン酸&BCAA
クエン酸5000mgとBCAA4000mgに加えて、ビタミンB、ビタミンCも配合したハイポトニック飲料。

グルタミン(筋肉疲労抑制・体調管理)

スティック型グルタミン
スティック型グルタミン
グルタミン5000mgに加えてコンディション維持のためのビタミンCも配合したスティック型の顆粒サプリメント。

ロッジや小屋に宿泊時にしっかりと自分自身をケアしましょう。翌日の体の動きも違ってくるはずです。

次は→翌朝登頂目指してエネルギー補給

健康パワー! 毎日飲んで登山に備える

グルコサミン・ダイエットサプリメント 膝の痛み対策

登山サプリメント(中高年用)登山中に必要な栄養素

栄養のバランス 知りたい!サプリ学!